★プログラム開催のお知らせ★ | RSS | ATOM | SEARCH
都留きらめき女性塾 女性の政策提言参加をサポート
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。



5名の塾生(写真の男の子は、都留文科大学の
博物館実習生)が参加

薪割りの難しさを体感
失敗を大人ははずかしがるから、子供は恥ずかしがる
失敗を浮けとメルを伝授
体験はだから大切ナノである

ネイチャーセンターのコンセプトに
包まれながら、やりたいことをやってみる
「薪割り」「火起こし」「みんなのやりたいものをやてみる」
「イメージがわかない」など、それぞれがつながる
また、ハンモックで寝てミル
「やらなくてもいいプログラムもある」というレクチャーに
キョトンとした表情をみせる塾生
その真意は、やるということを当たり前にすると
やらないといけない義務感に変化し、いつしか
辞めることが、嫌悪感と罪悪感に変化する
子供時代はいろんな変化があっていい
根底をもつと・・・・
納得したような、しないような


ピザ釜を暖める女性陣
薪のくべ方を工夫しています
その窯の仕組みを理解し、温度をあげます



「火を起こしたい」をやってミル
あじさいの茎を採取ししてきて、
こする、押し付けるように反転を
繰り返しても、煙もでない
なぜだ、縄文人





塾生が持ってきてくれた焼きリンゴ
自宅で仕込んできてくれた
薪ストーブで仕上げる
中味は、砂糖と蜂蜜
とにかく「おいしい」



 



author:ばんちょ, category:つながり, 16:01
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://banchou.tsuru-kankou.com/trackback/849