★プログラム開催のお知らせ★ | RSS | ATOM | SEARCH
都留大グローワイルドラライフサークル ものづくりのプロセスを体感
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。



形はどうする!!!
何を伝えたい!!!
なんで?レンガの窯なのか?
なんで?ばんちょの意見に流される???

そんな私の意地悪から、サークルメンバー
イベント担当スタッフの「悶々タイム」は始まった
いったいなにがしたいのか?
でも、やってみないとわからないのが20代
考えなしにやれるのが、20代
それが経験

もっと、都留を調べればもっとGWLラしい
窯ができるはず
もっと調べる探求心がめらめらとしているならば、アイディア
は洗練しているはず
その空気が足りないことを察知してしまい
悶々フレーズを投げかけた

そこから生まれたもの
この形
このアイディア

宝地区 中津森の粘土質の土をいただく
宝地区 宝の山ふれあいの里の粘土質の土
溶岩石(地元石材店で破格の値段で切断をしてもらう)
*新たなネットワークの構築
*その辺にあるものの素材を生かす
ドラム缶、わら(土のつなぎ)、レンガ


今日、魚釣りの帰りに管理棟へよってみると
完成は間近であった

洗練されてきた
すばらしい

これで焼いたパンやピザは格別
味以上に格別
思いが詰まっている

このプロセスがこどもたちにダイレクトに伝わる
だからこそこだわる
ここにこだわる

地域素材の掘り起こし
眠っている
目を覚ませ






author:ばんちょ, category:都留文科大学学生スタッフ, 21:19
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://banchou.tsuru-kankou.com/trackback/782