★プログラム開催のお知らせ★ | RSS | ATOM | SEARCH
山梨韮崎_うじゅうの森_森のようちえん_毎木調査
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


3月14日、2回目の毎木調査&ナンバリング

2020年にオープン予定の森のようちえん

東屋や森の健康状態を行うために

調査を行っている

所有する土地をゾーニングし、本日は125本を

ナンバリングする

それでわかった事がある

1本たりとも木々が重ならず、独立し、なりたっている

森である

植樹した二次林であるが、うじゅう氏の森へたいする

愛情を感じた調査となった




author:ばんちょ, category:森「感」, 14:52
comments(0), trackbacks(0), - -
夜の博物館:野生動物に迫るとは?こんな感??
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


森に誘う展示を考える
@都留大博物館実習生

嫌われ者の野生動物
でも、その役割は私たちにとって無縁の
ものではない
しかし、無縁になりつつあった
センターは、そんな人の暮らしとの森の住人との
暮らしの距離を縮めます  



そんな展示の一部を紹介
「関係性」を重視しています





野生動物たちは、私たちに
森の様子を教えてくれています
私たちはそれを汲み取りながら
生きてきましたが、便利な飽食な時代に
汲み取ることは必要なくなりました

だからこそ価値や意味がある
活動や展示を心がけています



部屋の中にいたら・・・
いるはずもありませんが
森では、このような光景は
毎度のこと
野生動物は正面からみるより
後ろ姿をミル機会が多いのです

ということは、
以外にも「臆病」なのですね



こちらは、ちなみに
アカネズミが森からやってくる
エンカウンターボックスです
そこには捕食者である、「    」
です

つながりを表現しています



 



author:ばんちょ, category:森「感」, 09:51
comments(0), trackbacks(0), - -
都留 旭小学校学童保育 地域財産の森を探しにいく!!
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


JUGEMテーマ:体験学習


7月に近所のおじちゃん、おばちゃんに森の場所を聞きながら散歩
その情報を地図に落とした
だいたいの場所を把握

11月20日 学童のみんなで実際に森に行くことにした



行く先を決めるのはこども
相談するのはこども
先頭をあるくのもこども
決定することに意味がある
迷い、決断することに価値がある
成長する



自らの足で歩む
森の様子を肌で感じる



とてもない崖を自分であがる
あがれない子はあがれた子が助ける
勝手にそういう空気になる
だから危険な場所は意味がある
危ないの避けないことが、向き合うことが
子供を成長させる

そうなると森の木々もわらっているように見える






危険な沢尾根を2本も超えた
自信につながっている

みんなでご飯を食べた後は、自らで探検
あそびを作り始めた



森から自分たちの町を眺める
記憶は一生のものになるだろう

圧倒的な中山間地の盛里地区だ




位置関係を把握すると、子供たちはどんどん進んでいく
注意する所もわかってきている
川にぶつかる
「わたるか、わたらないか?」自分で判断



わたり始めた、転んでずぶぬれは当然
いい学びだ

河床は流れが早いことに気づいたようだ
しばらく遠くをみながら、濡れたことを自分知にしていく



帰りにつく
背中はかたる
大人への階段と・・・



自分を知り、他人を受容する
箱に入れば、箱の中に収まりたくないのが子供
でもはいってしまえば楽

でも出してあげたい
それは自立の為に・・・


 



author:ばんちょ, category:森「感」, 21:35
comments(0), trackbacks(0), - -
何が見えるかな?
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。




都留文科大学附属小学校の裏山にいる野生動物 

探してください!
地面もへこんでいます

凝視



author:ばんちょ, category:森「感」, 21:39
comments(1), trackbacks(0), - -
痩せ細ったタヌキ
    ランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ ← 番長に応援のクリックをお願いします。


宝の山管理棟にお借りした臼を返そうとブルーシートをまくると・・・・



糞もしてありました

毎日気温がマイナス10℃前後
雪も30センチもある

食べるものがないのか?
さてみなさんの推理はいかに



author:ばんちょ, category:森「感」, 21:10
comments(0), trackbacks(0), - -